おもちゃ開発者 高橋晋平の仕事

03 / 23 / 19

株式会社ウサギ代表取締役の高橋晋平です。(僕のことを呼ぶ人は、7割がシンペイさん、2割がウサギさん、1割が高橋さんと呼びます。)

僕の仕事は主に、他業種の方がおもちゃ・ゲーム・アイデア雑貨などいわゆるエンタメ玩具商品を作りたいときに、総合的なお手伝いをさせて頂くことです。

僕は、キャリアとしては株式会社バンダイという会社に約10年間在籍し、様々なおもちゃに企画開発からマーケティングまで幅広く携わってきました。その商品のほとんどは、キャラクターを使用しないバラエティ玩具です。最も売れた商品に、世界累計335万個を販売し、第1回日本おもちゃ大賞を受賞した「∞(むげん)プチプチ」という商品があります。これを初めとする約50種類のおもちゃ作りに携わりました。

玩具メーカーの大企業に勤めていた経験上、日本のおもちゃ関連会社を大別すると、

・大手メーカー(大企業)
・開発生産メーカー(実際に物を作る)
・デザイン会社(絵を描く)
・流通(物を売る)

という感じになります。ウサギはこれらのどのジャンルにも当てはまらない会社です。ウサギは、おもちゃやゲーム、アイデア雑貨的な商品を作りたい人の相談に一番最初に乗ってお話を聞き、企画を考えて作って売るまでを取りまとめる会社です。非常に稀なポジションの仕事をしている会社と言えます。

自社商品として販売したい、あるいはノベルティやPRに使いたいなど、いろいろな目的でおもしろい玩具系商品を作りたいとなっても、その最初の相談先として適切な会社はあまり存在しません。
いきなり大手メーカーに聞いても、そこは自社商品を作る会社であり、大きな案件でないと話が進むのが難しい。生産メーカーは、指示されたものを作るのが得意なので、企画が足りない。デザイン会社は現実に作れるものに落とし込むことができない。
そこで、ウサギが、まず優しくお話をお伺いして、企画を一緒に考えながら、必要なフェーズでぴょんぴょん伴走させて頂くということをしています。これが弊社のお仕事です。

以下に、これまで手掛けさせていただいた事例の一部を挙げながら、ウサギが皆様とご一緒できるお仕事をより詳しくご紹介させて頂きます。

※株式会社ウサギへのすべてのお問い合わせは、以下のフォームから。
https://www.secure-cloud.jp/sf/1545232090GAeHlkJK

 

1.玩具企画開発から、PR販売までの支援

大手玩具メーカーバンダイで培った経験を元に、あらゆるジャンルの玩具を開発することができます。最近の事例としては、OQTA株式会社のスマホ鳩時計プロジェクトに参画させて頂き、企画開発からPR・販売に至るまで細部にわたり支援させて頂きました。

ウサギの強みは、様々な会社のニーズに合わせて、その会社の弱い部分だけを補完することができる総合力です。
例えば、企画開発はできるけれど、PRや販売が苦手な会社では、「売る」お手伝いを。プレスリリース作成、プロモーション施策立案と実行、店舗導入営業代行、ECサイト構築まですべて支援します。

OQTA HP:https://www.oqta.com/

OQTA紹介記事(一例):https://getnews.jp/archives/2067196 (Facebook中心にシェア拡散)

また、商品を売る流通ネットワークは構築できているのに、企画がメンバーからなかなか出てこないという場合には、企画チームメンバーの立ち上げ育成から始めたり、企画提案をしたり、その組織にフィットする形で企画支援を行います。勿論つくり方が分からない企業様に対しては、試作から生産メーカー斡旋までサポートします。

玩具やゲーム、アイデア雑貨などを様々な理由で作ってみたい方は、どうぞお気軽にご相談ください。(連絡先はこの記事の最下部にあります。)

 

2.研修・教育会社のボードゲーム商材開発

以下のホームページにまとめてありますのでご一読いただきたいのですが、自社のメインビジネスの世界観を広く普及させるボードゲームの開発が得意です。こちらも、ゲームルールメイキングからデザイン・生産コーディネイト、店舗営業まですべてお手伝いします。作るゲームの面白さとルールのこだわった設計にはとても自信があります。

https://gamedesign.amebaownd.com/

 

3.戦略的PR企画

商品企画だけでなく、話題になる×買いたくなる「戦略的PR企画」を立案、実施することも非常に得意としています。いくつか事例をご紹介します。

(1)Yahoo!ショッピングと、VRゴーグル「BotsNew」のダブルPRを企画支援

クリスマスケーキ特集と、VR玩具製品をつなぎ合わせ、両方のPRに成功した事例です。掲載記事の一つを以下にご紹介します。(他にも掲載多数)

https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1446458497

 

(2)くまミュージシャン「がんばんべあ」を生み出し、活用したタイアップPRを数々実現。

「がんばんべあ」の画像検索結果

着ぐるみを工房と打ち合わせながら開発し、以下のような様々な製品・サービスのプロモーションに貢献させて頂きました。

キリンFIRE:https://getnews.jp/archives/1640837

バンダイ×Yahoo!ワンダースクール:https://thewonder.it/profile/3550/class/

映画「キング・オブ・エジプト」:https://getnews.jp/archives/1519085

LINEスタンプ:https://store.line.me/stickershop/product/1347558/ja

ビートルズカフェ:https://getnews.jp/archives/1460741

KARASTA:https://karasta.net/

キングジム「イミシル」:https://getnews.jp/archives/1444425

オリジナル曲リリース:https://www.youtube.com/watch?v=CYD4CG_uxBk

 

4.感触デザイン

高橋晋平は、小学生時代から感触フェチであり、触り心地が気持ちいいものを収集し研究するという趣味を持ちながら大人になりました。そのある意味「癖」と呼べるものを最大限活用して「∞プチプチ」「∞エダマメ」を開発した実績がありますが、感触へのこだわりは増す一方で、いろいろな開発を支援しています。

リアルグッズで言うと、以下の玩具「Tangle」のアドバイザーを担当したり、
http://ccp-jp.com/toy/asobiation/tangle/

アプリゲーム「極めよ!チートジャンケン」では、疑似触感を最大限心地よくする調整の支援をしたり、
http://cheat.kanamekey.com/

また、Haptic Design Awardの審査員を担当したりしました。

http://hapticdesign.org/2016/award/

5.クイズ制作

以下の連載のような、謎解きクイズを開発することができます。お気軽にお問い合わせください。

ロケットニュース 頭の体操クイズ 出題:高橋晋平
https://rocketnews24.com/tag/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E6%99%8B%E5%B9%B3/

(例題)

【頭の体操クイズ】マッチ棒でできた「10」から1本動かして “1” にしなさい

 

以上、他にも、人を笑わせたり楽しませたりする遊び領域のお仕事なら喜んで企画することができます。すべてのお問い合わせは、以下のフォームから。
https://www.secure-cloud.jp/sf/1545232090GAeHlkJK

 

6.組織の月曜日設計

会社員なら誰もが憂鬱になりがちな休み明けの月曜日を、組織の仕事内容やチーム形態に合わせてコンサルティングし、一緒にファシリテーションさせて頂きます。

僕の持論は、憂鬱な月曜日こそ、未来を作る新しく楽しい企画作りに最適なタイミングです。詳しくは以下のページをご覧ください。月曜日を変えるという視点で、一緒に、仕事とチームを変えましょう。

詳しい説明はこちら。https://ameblo.jp/simpeiidea/entry-12430959431.html

※参考記事:@DIME連載担当記事 高橋晋平の月曜日を楽しくする研究会

 

そのほかいろいろ。SNSのメインはTwitterです。

◆Twitterは→こちら

◆プロフィールは→こちら

◆Eメールでお問合せしたい方は→こちら

◆執筆に関しては→こちら

◆無料メルマガ登録は→こちら

◆Instagramは→こちら

 

最後に、僕は講演、研修、セミナーが非常に得意で、ビジネスマンが自分の人生を賭けられる企画を作る情熱を引き出すマインドセットとテクニックをお伝えすることができます。以下のTEDxTokyoに登壇した際の6分の動画を参考までにご覧頂けたら嬉しいです。お問い合わせはお気軽に上のフォームからよろしくお願いいたします。

 

すべてのお問い合わせは、以下のフォームから。
https://www.secure-cloud.jp/sf/1545232090GAeHlkJK

※近著『企画のメモ技』は→こちら まずは僕の考えを読んでみて頂けるととっても嬉しいです。