感触玩具「Fidget(フィジェット)」の企画開発と、感触設計・触感研究|株式会社ウサギ・高橋晋平(感触研究の専門家)

20 / 05 / 08

何の目的もなく、ただ触るだけで楽しくて癒されるおもちゃ。触感で人とコミュニケーションできるグッズ。これらはFidget(フィジェット)と総称され、何年かに一度、必ずブームを起こします。

株式会社ウサギの代表・高橋晋平は業界でも随一の「感触フェチ」で、幼少期の体験をもとに「∞プチプチ」「∞エダマメ」や各種触感系カプセルトイ、また、疑似触感を楽しむ遊び専用文具「気泡わり専用アラビックヤマト」など、さまざまな開発に携わってきました。

また、「触感」に、ぞわぞわするほど気持ちいい音が付帯すると、「ASMR(自律感覚絶頂反応)」が起こります。ASMRは世界的ブームです。

弊社では、これまでこのような各種Fidget(感触玩具・雑貨)やASMRの企画開発に携わってきた経験を活かし、コンセプト、デザイン、試作や設計、素材選定などを通貫した商品開発支援をさせていただきます。

また、アプリゲームなどの遊び心地を決める「疑似感触」のUX設計もお手伝いいたします。

スマートフォンを中心としたライフスタイルが広がる中で、今後のモノの価値を高める重要なファクターは「触感」になります。

新製品開発、既存商品への触感の利用、またノベルティ企画制作まで、「触ると気持ちいい」をテーマにした商品を開発してみませんか。

 

【これまでの実績】

 

これまでの最大のヒットは株式会社バンダイ時代に企画開発し、その14年後に感触を大幅進化させた新Verを発売した「∞(むげん)プチプチ」です。その流れで「∞エダマメ」など、玩具やガシャポン商材で様々な感触玩具に携わらせて頂きました。

ムゲンプチプチのAmazonサイトはこちら

ムゲンプチプチの特設LPはこちら

 

株式会社ウサギの他の感触設計事例は→こちらの記事をご覧ください。

 

一緒に御社のプロダクトの感触を一歩いいものにしましょう。共同研究開発させてください。

お問い合わせは → こちらのフォームから。