企画マンが持つべき、最も重要なものは

01 / 13 / 17

企画をする人が持たなければならない、一番重要なものは、「欲」です。

 

結局、自分自身が本気でやりたい企画、ウソ偽りなく欲しいと思う企画が、売れる企画です。

 

例えば、「この企画は時流に合っているし、通りやすそうだから、良い企画だ」「世の中にないし、話題になりそうだから、良い企画だ」「ヒットした前例の成功要素を踏襲しているから、良い企画だ」「儲かりそうだから、良い企画だ」→全部間違いです。

 

どれだけやりたいか。それが世の中に出たら自分自身は本当にそれが面白くて、お金を出しても買いたくて、自分の家族や友達に自慢したくて、「なんでこれ買わないの?もったいない!」と言ってやりたくなる。やらないと一生後悔する。そんな企画を立てられたら、勝ちでしょう。

 

そのためには、自分の欲を正直に口に出せて、それに執着できる人間にならなければなりません。それが、恥ずかしい物でも、カッコ悪い物でも、本当に強い欲を見つけたら、それを満たす方法を発明して、自分と同じ100万人を喜ばせてやればいい。

 

欲を抑えている場合ではありません。あなたは、何をやりたいですか?